船外機グリスアップを自分でする方法

ボートメンテナンスについて



船外機グリスアップ
船外機グリスアップを自分でする方法

ボートメンテナンスのポイントやメンテ方法はいろいろありますが、一番手軽にできて効果があるメンテナンスが"グリスアップ"です。 ボートメンテナンスで言うグリスアップとはグリスを必要とする箇所にグリス塗りこんだり、グリスニップルと呼ばれるグリス専用注入口からグリスを補てんすることなどを指します。

船外機のグリスアップはボートメンテの中でも特に重要な整備ポイントで、ボート整備のプロや業者に依頼しなくても自分で出来る代表的な船外機のメンテナンスです。船外機を使用する上でするのとしないのとでは船外機の寿命や船外機エンジンを上げ下げするチルト機構、船外機ステアリング動作など動きが全然違うのがグリスアップです。

ボートメンテでも特に大切なメンテナンス"船外機グリスアップ"はグリスを注油するポイントにもよりますが半年に一度は必ず施工してやると船外機エンジンは良い状態を維持できることが多いです。グリスアップを小マメにするということは、船外機エンジンをよく観察しているということにもなりますので他の故障個所や良くない状態のパーツなどをいち早く見つけることにもなります。

船外機エンジンのグリスアップに必要なメンテ用品



グリス
・スプレーグリス
・耐水グリス(チューブなどに入ったグリス)

グリスガン
グリスガン用グリス(カートリッジタイプのグリスガンを使用するならグリスガンに合ったタイプのグリスカートリッジ)
船外機グリスニップルに合ったサイズのグリスガンを選ぶこと



船外機のグリスアップにはグリスを大量に塗る個所と少量だけ塗りたい箇所があります。
ボートパーツ(船外機部品)の小さなパーツ部品にグリスをヌルときにはスプレータイプのグリスが有効です。
船外機の回転軸などのグリスニップルにグリスを入れるときはエンジンのグリスニップルに合ったサイズのグリスガンが必要です。


ボートメンテナンス用品ガイド
激安ボートショップナビ
ボートのエンジンオイル交換方法
エレキや船外機エンジンを使用してボート釣りをする方法
船外機メンテナンスに必要な工具


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村


最近の話題
ボートサイト
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ 人気ブログランキングへ
ボートフィッシングのはじめ方をお気に入りに追加する
ボートサイト&釣りサイト


健康食品