レンタルボートでバス釣りをする方法

レンタルボートでバス釣りをする方法

レンタルボートでバスフィッシングを楽しむために必要な装備を紹介します。
ボートバス釣りはいろいろなボートフィッシングの中でも特にはじめやすいボート釣りの一つです。
マイボートを購入する前に、レンタルボートでボート釣りに慣れる為にも最適なボートフィッシングです。そんなレンタルボートでのボートバスフィッシングに必要なボート装備をことをQ&Aにしました。



レンタルボートに搭載したいボート装備
レンタルボートを借りる前に以下のことを貸ボート店(レンタルボート店)に事前に確認しておきましょう
Q1 エレキ(フットコン、ハンドコン)を搭載しても良いか?
Q2 ボートを使用するために必要な法定備品が揃っているか?
Q3 ライフジャケット(救命胴衣)のレンタルはあるのか?
Q4 魚探、GPSはボートに搭載されているか?
Q5 イケスが必要ならば(釣り大会など)イケスの有無



A1 レンタルボートにエレキを搭載しても良い場合は是非エレキを搭載してボートバス釣りをしましょう。
エレキをレンタルボートに搭載する場合、バスボートやデッキ使用のアルミボートならそのままエレキを搭載できますが通常の貸しボートのローボートにはデッキが無いです。ボートショップで販売しているエレキ用ハイデッキや脚立、クーラーボックスなどを利用してエレキを搭載、操縦できるようにレンタルボートをカスタマイズします。
また、エレキを使用するためにはバッテリーが必要です。バッテリー切れやエレキ故障時に備えて、オールは必ず搭載しておきましょう。

Q2 レンタルボートとして貸しボート店を経営してお客様にボートを貸し出すボートには法廷備品を搭載しなくてはいけないのですが、ボート法定備品を搭載していないボート店のレンタルボートも多々あります。
ボートを借りる前に必ずボート法定備品の搭載確認をしておくべきです。

Q3 ライフジャットはボート釣りの必需品です。ボート店に借りるか自分で用意してボートフィッシングを楽しみましょう。
ライジャケの重要性の詳しい説明はあえてしませんが、ボート転落時やボート転覆時に釣り人の命を守ってくれるのは救命胴衣です。

Q4 あればボート釣りの幅を広げてくれるボート装備が魚群探知機やGPSプロッタです。レンタルボートに無い場合は持ち込みましょう。また、魚探やGPSを使用するにあたり乾電池式以外のGPSや魚探はバッテリーが
必要になります。

Q5 イケス(ライブウエル)が無いボートでそれらが必要な場合は衣装ケースやクーラーBOXを改造してエアレーション(ブクブクポンプ)など
を取り付けてボートに搭載しましょう。

ボートバス釣り入門
シマノ 探見丸CVでボート釣り
ハンドコンエレキ人気ランキング
レンタルボートでボート釣りをする時のポイント
レンタルボートでボート釣り
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村


最近の話題
ボートサイト
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ 人気ブログランキングへ
ボートフィッシングのはじめ方をお気に入りに追加する
ボートサイト&釣りサイト


健康食品