2017年7月8日フカセ釣りとデイイカメタル

2017年7月8日フカセ釣りとデイイカメタル

地元漁師さん、遊魚船船長の情報からデイイカメタルは厳しいと言われて迷いましたが・・・
夜にポイント一帯で火焚き夜イカ釣りが盛んに行われている為に釣りにくい
今年は日中イカメタルが好調なので朝一番に御神島へ行くことにしました。

フカセ釣り(イサキ)とイカメタルの2本立て釣行ですので朝一番にイカを釣り、それから沖に出てフカセでイサキを狙う予定で出船しました。

イメージ 1


早速いつものマイポイントに入りました。
ディイカメタルは不調という情報が知られているのか、時期的なものなのか、
ポイントにはボートや遊漁船は無いです。
思う存分ボートを流せる状況にココロオドリました。

第1投。いつもは必ず釣れる1投目に釣れません(笑)はやり情報通り渋いようですので最近発見した百発百中必殺技を駆使して(簡単なスッテのチューニング)再度ボートをポイント上を流すと500mlサイズの中型マイカが釣れました。
その後、型は落ちましたが流す度にイカメタルでマイカを釣ることが出来ました。

今ではイカメタルメソッドは色々と知られるようになりましたが・・・スッテの改造や簡単なチューニングをする方は少ないです。同じイカ釣りでもエギングでは皆さん良く餌木をチューニングされていますがマイカのスッテは何故かされません。少しでも日中イカメタルで釣果を上げたい方はスッテのチューニングをオススメします。

※ポイント情報や釣り方の情報はメールで受け付けておりますがスッテの改造方法はまだまだ研究中ですので公開はしません。ご了承下さい。

生意気な書き方をしましたが本当にスッテの改造は重要ですので敢えて強調して書かせていただきました。


朝一番のイカ釣れ釣れタイムは直ぐに終わりました。
いつもなら第2回目の時合を待つのですが、この日は沖でイサキをフカセでつりたかったので、お土産分のイカは確保できたので早々にイカメタルを切り上げて沖の東グリへ向かいました。
本当はもっとマイカを釣りたかったですが(笑)心はイサキに向いてしまいました(笑)

イメージ 2


東グリは土曜というのに先行者は誰もおらず。好きなポイントにアンカーを入れることができました。
しかし・・・待てどもアタリがありません。
フカセ、天秤フカセなど色々工夫をしましたが全くあたりません。
上の潮は10分で200mぐらい出る速さの流れですが、下の潮は戻ってくる潮です。
潮流を考慮してアンカーを打ち変えました。自分ではとても満足行く場所にアンカーを入れられたので期待して仕掛けを流しだすと・・・ジギング船がやってきてアンカリングしている近くをしゃくり出しました。
怒りがこみ上げてきましたが、大自然を前にして怒鳴るのも大人気ないと思いアンカーを上げて全く違うポイントに移動することを決めました。
アンカーを上げていると何と錨ロープに近くを流していたジギング船のジグが付いていました(笑)
流石にアンカリングしているボート近くを流しすぎですね。
まだ近くにジギング船がいたのでジグを返してあげました。

良いことをすると釣れるという下心。
期待を込めて西グリへ向かいました。
先行者はここもおらず最高のポイントに錨を入れることができましたので期待して釣り始めました。
しかし・・・ここでも待てどもあたりがありません。
1時間ぐらい餌撒きをしてもあたりません。
暑さで釣りが嫌になってきました。

深場を諦めて、一気に千島まで戻り真鯛狙いのフカセ釣りを始めました。
しかし、こちらは全く潮が動かず。話にならないのでポイント移動しました。
次ぎはアサイグリ。こちらはフカセ釣りには最悪のアンカー行きの潮です(泣)
早々にポイント移動。
次ぎはハサミ(世久見礁)です。
こちらも潮は無いです。
次ぎは沖の石です。
ここもダメ。

若狭湾のメジャーボート釣りポイント常神エリアの人気ポイント)をまわりましたがダメでした!

もはや釣り自体が嫌になりました(笑)

最後はウベ島周りでグジでも狙おうと試しましたが・・・
釣れるのはトラギスばかり。

暑さと釣れなささに嫌気がさして正午を迎えるころに浜に戻りました。

という情けないマイボート釣行になりました。

お土産はマイカが少しだけという本当に情けない釣行でした。

イメージ 3


2017年7月8日第14回目釣行

記:京都花重 岡田弘平



boatfishing8 at 10:27│clip!若狭湾マイボート釣り 
最近の話題
ボートサイト
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ 人気ブログランキングへ
ボートフィッシングのはじめ方をお気に入りに追加する
ボートサイト&釣りサイト


健康食品