2017年4月8日フカセ釣り釣行

2017年4月8日フカセ釣り釣行

久しぶりの更新です!!
というのも今回4月8日に釣行したのが3月4日以来の久しぶりの釣行となりました。
過去釣行ネタも尽きたので・・・更新が出来ず仕舞いでした(笑)

2017年2回目の釣行は完全フカセ釣りでマダイを狙いに行きました。
例年であれば4月の初旬はサビキでマアジや天秤で甘鯛(グジ)を
狙うのですが・・・。
この日は訳有ってフカセ釣りをすることになりました。

「訳」とは・・・よく一緒に釣行する先輩が(今まではサビキやエギングを一緒に楽しんでいました)
フカセ釣りをするためにフカセタックルを揃えて、それを筆おろししたいというリクエストに答えるためです。
もうひとつの「訳」はリール屋ピカレスクさんでチューンナップしてもらった愛用リールをフカセ釣りでしっかりと使いたかったからです。

イメージ 1
ピカレスクさんでチューニングしてもらったコンクエスト

先輩にはまだフカセ釣りには時期が早いかも知れないので・・・釣れないと思いますよ。という
逃げ道を作ってから了承を得て釣りをすることになりました。
もちろん保険をかけてサビキタックルとアミエビも用意しましたが(笑)

出船して朝一番は春の定番フカセ釣りポイントである「沖ノ石」にアンカーを入れました。
幸先良く1枚小さいマダイが掛りましたが・・・潮の流れは全く無かったのでその後我慢が出来ず世久見礁へ移動しました。

世久見礁(ハサミ)は沖の石より潮が悪かったです(泣)
完全フカセ釣りでは潮が無いよりタチが悪いアンカー行きの潮です。

案の定、錨を釣ってしまったので即座にポイント移動しました。

向かった先は千島です。

朝から沖の石、はさみ、千島と移動を繰り返しましたが
どのポイントも釣果があがっていないのか釣り船はホボホボ居ませんでした。
好きなポイントにアンカーを入れ放題です。

春のマダイ釣り時期では千島は一級ポイントには絶えず誰かが錨を入れているので
なかなか入れませんが、この日は入ることができました。

釣れないから誰もいないという諦めたココロと1級ポイントに入れたというウキウキ感が入り乱れる不思議な感覚の中、釣りを始めました。

上の潮は完全ふかせ釣りに最適な速さ。今までのポイントの潮とは比べ物にならない上々の潮流です。
仕掛けを3度ほど入れなおして数分・・・
待望のアタリが出ました。
新しい竿を使ったので始めのアタリではその大きさは分かりませんでしたが、リールのハンドルを5回ほど巻いた時点で
そこそこ大きいマダイが掛ったと確信しました。

根を切ってからは丁寧にやりとりをしました。

どきどきしながら無事にネットインした真鯛は何と72cmの大真鯛でした。
今季の初フカセ釣りでこれほどの大きさのマダイが釣れるとは。
本当に幸先良いボート釣り時期のはじまりです。

イメージ 2


自分はこの真鯛で満足しましたが・・・次に気になるのがゲストである先輩の釣果です。
この時点でまだノーバイト。
とりあえず僕が釣れた棚に仕掛けを送り込むようにアドバイスをしました。
待つこと5分、待望のアタリが出ました。

止めた仕掛けに出たあたりですので竿の舞い込みが大きかったです。
直ぐにそこそこの真鯛だと分かりました。

比較的浅い釣り場でしたので慎重かつスピーディーにヤリトリをしてもらい、釣れたのは62cmの良型マダイでした。

イメージ 3


フカセ釣り初釣行で60cmUP!!最高です。
船頭としてとても嬉しいマダイでした。
自分が釣ったより嬉しかったです。

そうこうしている内に潮が止まりました。
ダメ元で近くにあるアサイグリで竿を出しました。

上だけ行っている潮でしたが・・・
ここでも運よく40cm前後のいわゆる食べ頃の美しいマダイを10枚ほど釣ることができました。

イメージ 4

イメージ 5

帰りの渋滞を避ける為に14時に納竿することにしました。

今回の釣行は先輩が釣れて本当に嬉しかったです。
次回の釣行は親友との釣行となります。
楽しみです。

2017年4月8日第2回目釣行




boatfishing8 at 15:03│clip!若狭湾マイボート釣り 
最近の話題
ボートサイト
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ 人気ブログランキングへ
ボートフィッシングのはじめ方をお気に入りに追加する
ボートサイト&釣りサイト


健康食品