タイラバで真鯛釣り

タイラバで真鯛釣り

真鯛釣りは人気が高い海釣りです。

腐っても鯛。海老で鯛を釣る。などのマダイをネタにした諺まであるほど釣り人だけでなく日本人にとって真鯛は
切っても切り離せない魚なのです。
インチク釣り方について

愛されている魚である真鯛は日本全国で狙うことができ、その釣り場ごとに様々なマダイ釣り法が編み出されています。
マイボート真鯛釣りボート操船テクニック

有名なマダイ釣りでは(御当地真鯛釣法)日本海の完全フカセ釣り、伊勢湾のウタセ真鯛釣り、東北のスプーンマダイ釣り、
伊豆地方の両軸遠投カゴ釣り、千葉県大原のエビタイ釣りなど・・・
完全フカセマイボート釣り

数えればきりがないほど数多いマダイ釣法が日本には存在します。
マダイ完全フカセ釣りタックル

そんな中でも近年大ブームをおこしている真鯛釣法がタイラバ釣法です。



鯛ラバ釣りとは簡単に説明するとマダイ狙い用に特化したラバージグで真鯛を狙う釣法です。
ルアー釣り感覚で真鯛を狙うことができる新しいスタイルのマダイ釣り方法なのです。

昔からテンヤを使ったテンヤ真鯛釣りが存在しますが
タイラバ釣りが特にルアーフィッシングの要素を持ったスポーティーで新しい真鯛釣りなのです。

ちなみに鯛カブラ釣りとタイラバ釣りはここでは同じ釣法を意味しています。

釣具メーカーにより鯛釣り用ラバージグを「タイラバ」と呼んで販売したり、「鯛カブラ」として販売したりされています。

タイラバ釣法の一番の特徴はライトタックルで真鯛が狙える点です。
従来の沖釣りのマダイ釣りと言えば錘負荷の大きい長い船竿と大型電動リールの組み合わせで釣るのが一般的です。

タイラバ釣法で選ぶべきタックルはバス釣りタックルと同じ、またはエギングタックルやティップランエギングと同じような
ライトなタックルです。
ボート鯛ラバ釣りフィッシングタックルの選び方

細いPEラインに軽いラバジで狙う鯛ラバ釣りはライトタックルがベストなのです。
ライトタックルでもドラグ調整やラインシステム(PEラインとリーダーの結び方)をしっかりすれば
6kg以上の大物真鯛でも釣ることが可能です。

ライトなタックルで魚釣りをするということは魚本来の引き味をダイレクトに味わうことができるので
一番面白い釣り方であることは間違いないです。

タイラバで真鯛を一度釣ると病みつきになる面白いマダイ釣法なのです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ

人気ブログランキングへ


最近の話題
ボートサイト
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ 人気ブログランキングへ
ボートフィッシングのはじめ方をお気に入りに追加する
ボートサイト&釣りサイト


健康食品