完全フカセ釣り仕掛けの工夫

完全フカセ釣り仕掛けの工夫

完全フカセ釣りが非常に奥深い船釣り方法です。
磯釣りでおなじみのふかせ釣りを沖で楽しむのが完全フカセ釣りの基本です。
完全ふかせ釣りオススメタックル

船フカセ釣りとも呼びます。またNS釣りという地域もあります。
完全フカセマイボート釣り

完全フカセ釣りの仕掛けの工夫を一覧にしました。



針数

市販の完全ふかせ釣り仕掛けにはいろいろなバリエーションがあります。
一番気になる点が針数です。
1本針タイプの完全フカセ仕掛けから5本以上の船フカセ仕掛けまで
本当に数多い種類の製品が釣具店で販売されています。
真鯛を狙う場合の完全フカセ釣りの針数は基本2本〜3本にします。
潮流が流れない日はよりフカセやすい1本針仕掛けにして、潮流が速い日には
針数の多い仕掛けにするのがごく一般的な完全フカセ釣りの仕掛け選びの工夫となります。
地域や時期により選び方が変わってくることでしょうが、この方法が一番シンプルな
仕掛け選びの方法です。
完全フカセ釣りに適した道糸

ハリス全長

針数に次いで迷うことがハリスの長さです。
フロロカーボンを道糸にして直結にする場合ハリスの長さは気にすることはありません。
サルカンや天秤を使いフカセ釣りをする場合ハリスの長さ選びが重要となります。
水深にもよりますがオモリになるような接続金具(サルカンやスナップ)を付ける場合ハリスの
長さは長ければ長いほど魚に警戒されず釣りやすいでしょう。
10m〜15mの完全フカセ仕掛けを選ぶのが基本です。
具合が悪ければ切ったり繋いだりして工夫すればOKです。
完全フカセ釣りで狙える魚

アクセサリー

ビーズ、蛍光玉などの仕掛けに付けるアクセサリーで釣果の差が出ることが多いです。
市販されている完全フカセ釣り仕掛けのほとんどはハリスに蛍光玉が付いています。
浮力や色など状況に合わせて色々なタイプのアクセサリーを付ける工夫をすると
釣果が伸びることが多いです。
フロートタイプやハードタイプ、パイプタイプ、天然貝(シェルビーズ)など様々な製品が発売されています。
使い分けに工夫をすることで釣果に差が生まれます。
釣りノット結び方

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ

人気ブログランキングへ


最近の話題
ボートサイト
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ 人気ブログランキングへ
ボートフィッシングのはじめ方をお気に入りに追加する
ボートサイト&釣りサイト


健康食品