マダイ完全フカセ釣りタックル

マダイ完全フカセ釣りタックル

福井県をはじめ日本海で特に人気が高いマダイ釣り方法である完全フカセ釣り。
春の若狭湾ボート釣り

磯釣りの手法であるふかせ釣りを船で実践する他にはない船釣り方法です。
真鯛の釣り方は全国に多種多彩な釣法がありますがフカセ釣りで楽しむのは(船釣りで)
完全フカセ釣りだけです。



日本海では完全ふかせ釣りや船フカセ釣りと呼び、太平洋側ではハイカラに
NS釣法と呼ぶことが多いです。
(ナチュラルシンキングチョウホウ)

船からの釣りで磯釣りのフカセ釣りの手法を実践するには釣具選びが非常に重要です。
完全フカセ釣りのタックル選びを間違うと釣りに成らず苦戦します。
また選ぶべきタックルを間違えるとヒットまで持ち込めても釣り上げるところまでいけません。
ボートをアンカリングにするために必要なもの

完全フカセ釣りで狙える魚は数多いです。
ヒラマサ、イサギ、ツバス、メダイ、グレなどが人気ですが
特に人気が高い完全ふかせ釣りの対象魚は真鯛です。
完全フカセ釣りで狙える魚

マダイを専門的に完全フカセで狙う釣り船やマイボートアングラーはとても多いのです。
完全フカセ釣りマイボートフィッシング釣果速報

真鯛をカンゼンフカセ釣りで狙う時にオススメの完全ふかせタックルを一覧にしました。



竿

ロッドの長さは乗る船の大きさに合わせるのが基本です。
大型遊漁船の場合3.5mから4mの船竿や磯竿が使いやすいです。
先調子気味で竿先でアタリが取りやすい竿がベストです。
硬さは船竿であれば30号まで、磯竿であれば3号〜4号が完全フカセ釣り用竿として
マッチします。
マイボート釣りの場合は船釣り用より短めが扱いやすいでしょう。
磯竿ベースで作られている海上釣堀竿が使いやすくオススメです。

リール

仕掛けを流す距離が短いポイント、浅い魚礁を狙う場合はスピニングリールでも船リールでもOKです。
釣りタナや仕掛けを流した距離が把握できるようにカウンター付きや色分けラインを巻いたリールがベストです。
流す距離が多い場合や深い魚礁を狙う場合はナイロンラインやフロロカーボンライン6号〜7号を300mほど巻ける
電動リールが使いやすいです。
糸ふけが出ないように大口径のスプールのリールを使う方も多いです。

道糸

真鯛狙いの完全ふかせ釣りであればフロロカーボン6号が基本です。
浅場や潮流のない日に釣るのであればナイロンラインを道糸にするのが有効なケースも多いです。
ナイロンラインの場合太さは6号〜8号が基本となります。
PEラインを使う完全フカセ釣法もありますがこれはかなり特殊な船ふかせ釣りといえますので
今回は割愛させていただきます。
完全フカセ釣りに適した道糸

完全フカセ釣りでマダイを狙う場合上記の竿、リール、道糸選びが特に重要です。
釣り場に合ったタックル選びをしっかりするのが釣果をあげるポイントとなります。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村


最近の話題
ボートサイト
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ 人気ブログランキングへ
ボートフィッシングのはじめ方をお気に入りに追加する
ボートサイト&釣りサイト


健康食品