ジャークベイト使用方法

ジャークベイト使用方法

琵琶湖バス釣りでデカバスを攻略するのに欠かせないルアーのひとつに
ジャークベイトがあります。



ジャークベイトというプラグは潜行する深さが異なる様々な製品が発売されています。
琵琶湖、特に大きなブラックバスが良く釣れる南湖エリアにおけるジャークベイトの使い分け方法や
目安を紹介します。
ボートバス釣り入門

春の琵琶湖バス釣りジャークベイト
・サスペンドタイプのジャークベイト
春の琵琶湖南湖バス釣りではサスペンドタイプのジャークベイトが本領発揮します。
春と言っても2月後半から琵琶湖バス釣りの春は始まります。
春バスつり時期の前半に大活躍します。
潜行距離は1.5mから2mまでのジャークベイトがオススメです。
この時期にサスペンドタイプのジャークベイトを使う理由は冬に冬眠状態だったバスが
春の産卵期にかけ本格的に活動をはじめる時に、本来の動きができないのろまなバスに
ルアーを食わせる間を与えられるサスペンドタイプが有効となります。
激安バスボートをヤフーオークションで購入

春の終わり頃から初夏にかけて使うべき琵琶湖南湖ジャークベイトタイプ
・フローティングタイプのジャークベイト
5月から6月はスポーニングバスとアフターのバスが混同する時期です。
デカバスを狙うためのビッグポイントであるウィードエリアのパッチを釣るのに
タタイプイプは大活躍します。
この時期は一年で一番大きなバスが狙いやすい時期です。
フローティングタイプで派手なバイトシーンが見られるのが楽しみです。
ステーサー 人気アルミボートカタログ

夏時期のビワコバス釣りで使うべきジャークベイトタイプ
・サスペンドジャークベイト
オカッパリバス釣りでは岸際には藻が多くなりジャークベイトの出番が減りますが
南湖ボディーウォーターに絡むポイントが攻められるボートバスフィッシングでは
ジャークベイトが良く釣れます。
ウィードの切れ目をサスペンドジャークベイトを通すと真夏でも良く釣れます。
レンタルボートで琵琶湖バス釣りをする時の注意点

秋シーズンの琵琶湖バス釣りジャークベイト
・フローティングタイプ
ベイトが多く集まるウィードエリアで上手くジャークベイトを通せばかなりの確率で
バスが釣れます。活性の高いバスが多い時期となります。
ステイを与えられるサスペンドでも有効ですがあえて早い釣りが展開できるフローティングタイプの方が
数釣りに持って行けます。
レンタルボートでボート釣り

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ

人気ブログランキングへ


最近の話題
ボートサイト
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ 人気ブログランキングへ
ボートフィッシングのはじめ方をお気に入りに追加する
ボートサイト&釣りサイト


健康食品